Nextion HMI が使える

Fusion PCB に変わる海外のPCB屋さんを探していたところ、ITEAD Studio で Nextion HMI(Human Machine Interface) というTFT液晶基板を見つけた。

Nextion HMI は TFT液晶画面 と タッチパネル(抵抗膜方式) に 小型マイコンを組み合わせて Arduino や Raspberry PI などの本体側とシリアル通信で接続して動かす。つまり、本体側との配線はたった4本(VDD,GND,TX,RX)で済む。そして、肝心なのは液晶画面とタッチパネルを活かすNextion EditorというGUI設計ツールがあること。消費電力も小型の液晶画面なら100ma以下と、Arduinoでも扱えそうなレベルになっている。

従来からもこのような製品はあったが、TFT液晶画面単体で購入した場合に比べて、価格も高くなり、消費電力も大きくなるのが一般的で、今ひとつ使いこなせるレベルではなかったと思う。今年になってから Arduino向けのライブラリーも整備されて来たようで、特に画面の大きさや消費電力を考えると2.8"か3.2"辺りがArduinoと組み合わせて使うのに良さそうだ。2.4"と3.2"を購入したので、そのうち動作確認などをしたい。

そう言えばどこかで見かけたと思ったけど INDIEGOGO だった。ちゃんと製品化されたんですね。

 

参考スペック

画面 解像度 消費電力 価格 詳細
2.4" 320*240 90ma $13.90 data
2.8" 320*240 65ma $15.90 data
3.2" 400*240 85ma $19.90 data
4.3" 480*272 250ma $44.90 data
5.0" 800*480 410ma $64.90 data
7.0" 800*480 510ma $74.90 data

 

参考URL


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です