Raspberry PI でサーボを動かす

※2015/5/5 追記
Raspberry Pi2 では ServoBlaster は正常に機能しません。公式フォーラム「Pi2 B and Pi-Pan (ServoBlaster)」に添付されているServoBlaster-20150219.tgzを使うことで機能することを確認しています。

Chinachu 録画システムをマザーボード H61M-VG3 を使って構築したのですが、残念なことに Wake-On-LAN が使えない。だけど、サスペンド後に USB キーボード を触ると復帰することが確認出来たので「Raspberry PIでキーボードを触ればいいじゃん」と言うことで、Raspberry PI でサーボを動かすことにした。

servo & keyboard

Raspberry PI でサーボを動かすには幾つか方法があるみたいですが、私的には ServoBlaster が簡単でお勧めです。

$ git clone git://github.com/richardghirst/PiBits.git
$ cd PiBits/ServoBlaster/user
$ make servod
$ sudo make install

make install することでサービス起動時にオプションとして –idle-timeout=2000 が指定されて、2秒間何も動作が無かった場合にパルスの発生が停止されます。これでサーボの寿命が延びるのでしょうか。

$ # 動作確認 echo サーボ番号=周波数 > /dev/servoblaster
$ echo 0=140 > /dev/servoblaster # 水平にする
$ echo 0=60  > /dev/servoblaster # 下げる
$ echo 0=240 > /dev/servoblaster # 上げる

サーボ番号とPin番号、GPIOの対応は次の表の通り。

Servo number GPIO number Pin in P1 header
0 4 P1-7
1 17 P1-11
2 18 P1-12
3 21/27 P1-13
4 22 P1-15
5 23 P1-16
6 24 P1-18
7 25 P1-22

以上、これで Raspberry PI からサーボを使うことが出来ました。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

“録画システム Chinachu” に2件のコメントがあります

  1. どうもこんにちは。たまたま記事を見つけたので、回答します!

    > やはり番組表はもうひとつ別のものを用意して欲しいかな。
    実装予定です。

    > (何日の午後9時のwowowプライムという感じで番組を探すため)
    :10772/#!/search/top/skip=1&chid=BS_191/
    番組表の各チャンネル名をクリックするとこのようなページにジャンプできます。

    > 例えば、藤沢周平原作の映画や壇蜜が出ているドラマや番組が録画出来ない。
    できますよー。

    > 録画完了後にジョブ起動させて、録画したファイルをエンコード処理させてもらえたら嬉しいかも。
    https://github.com/kanreisa/Chinachu/issues/16
    この辺を参照してみてください。あとでちゃんとドキュメンテーションします。

    何かあればIssueをお待ちしております?。

    1. おはようございます。
      作者さんからコメントを頂けるとは嬉しい限りです。
      どうも、ありがとうございます m(_ _)m

      なるほど!
      私のわからなかった機能もいろいろと対応されているんですね。
      もっとじっくりと腰を据えてお付き合いしたいと思います。