IPROBOT3 レビュー 初期設定

IPROBOT3 バージョンの確認

2014年8月時点では、TENVIS IPROBOT3 には 2014年版 と 無印版(2013年以前) が存在しています。二つのバージョンを見分ける方法は公式フォーラムによるとウェブインタフェースの違いでわかるようです。

iprobot3_old_versioniprobot3_new_version

そして、2014年版 と 無印版 の違いは、IPROBOT3の過去ログなどから言えることは、Web Interface が仕様変更になっていること。スマホのアプリが「NEW TENVIS」に変更されたことです。ここから先は TENVIS IPROBOT3 2014年版 として話を進めさせて頂きます。

IPROBOT3 初期設定

付属の日本語版CD-ROMは使えなかったので、こちらのブログサイトを参考にさせて頂きました。このページでも多少の説明を試みたいと思います。

スマホ編

  1. まずは、DHCPが活きている有線LANとIPROBOT3をLANケーブルで繋ぎ、ACアダプターを電源に挿して本体に電源プラグを挿します。※電源ボタンはありません。
  2. iOS/Android に NEW TENVIS アプリをインストールして起動します。newtenvis_icon
  3. アプリを以下の手順で設定します。
    tenvis_app_01tenvis_app_01
    tenvis_app_01tenvis_app_01
    tenvis_app_01tenvis_app_01

Windows パソコン編

詳細な設定を行うにはパソコンでブラウザ経由でアクセスする必要があります。ActiveXの関係でInternet Explorerでアクセスすることをお勧めします。

  1. TENVISの公式サイトから「IPROBOT 3 v2014」を選び「TENVIS Search Tool」をダウンロードします。tenvis_hp
  2. ダウンロードした「SearchToolV2.2.exe」を起動してインストールします。
  3. 「TENVIS Search Tool」を起動してIPROBOT3を選択して「Open」をクリックしてブラウザを立ち上げます。search_tool
  4. 以下のように表示されれば完了です。iprobot3_webui

関連する記事一覧

[posts-list category=”154″ date_format=”” sort=”asc”]


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です