laravel4.2 on Debian7

久しぶりにPHPフレームワークの本を手にした。laravel(ララベル)だけど、CakePHP、Ruby on Rails以来の「来た来た」感がある。推薦図書の「CODE BRIGHT」(日本語訳)を片手に、Debian7 上で開発環境を構築した際のメモです。

$ sudo aptitude install nginx
$ sudo aptitude install php5 php5-common php5-cli php5-fpm php5-mysqlnd php5-mcrypt php5-curl php5-gd php5-sqlite
$ sudo aptitude install sqlite3 mysql-client mysql-server

GD2 のライブラリ libgd2-noxmp と libgd2-xmp でコンフリクトが起きるので指示に従う。mysqlのパスワードが聞かれるので返事します。次に composer をインストールする。

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
$ sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

laravel4.2 の test プロジェクトをバージョンを指定して作成する。

$ composer create-project "laravel/laravel=~4.2" --prefer-dist test
$ chmod -R 775 test/app/storage/
$ sudo chown -R :www-data test/app/storage/

app/storage を www-data で書き込みできる権限を設定しないと実行時にエラーになりました。
nginx の設定ファイルを書き換えます。

$ sudo vi /etc/nginx/nginx.conf
user www-data;
worker_processes 2;
pid /var/run/nginx.pid;

events {
    worker_connections 2048;
    multi_accept on;
    use epoll;
}
# 以下省略
$ sudo vi /etc/nginx/sites-available/default
server {
    listen 80;
    root /home/hogehoge/test/public;
    index index.php;
    server_name hogehoge.com;
    location / {
        try_files $uri $uri/ /index.php?$query_string;
    }
    location ~ \.php$ {
        include fastcgi_params;
        fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
        fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
        fastcgi_index index.php;
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
    }
}

nginx の設定を確認してリロードさせます。

$ sudo /etc/init.d/nginx configtest
$ sudo /etc/init.d/nginx reload

ブラウザーでアクセスして次のような画面が出ればOK。
laravel_hello

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください