isdbt-capture を日本の地デジに合わせた

Github でISDB-Tをキャプチャーするシンプルなプログラムを見つけたので、日本の地デジの周波数に合わせて変更を加えてみた。但し、ケーブルテレビのパススルーには対応していません。

# 使い方
$ isdbt-capture 
isdbt-capture by Rafael Diniz -  rafael (AT) riseup (DOT) net
License: GPLv3+

Usage modes: 
isdbt-capture -a adapter_number -c channel_number -p player -o output.ts [-l layer_info]
isdbt-capture [-s channels.txt -a adapter_number]
isdbt-capture [-i]

Options:
 -c                Channel number (7-69) (Mandatory).
 -o filename       Output TS filename. filename is '-' out to stdout. (Optional).
 -a                Adapter number (0-n) (Optional).
 -p                Choose a player to play the selected channel (Eg. "mplayer -vf yadif" or "vlc") (Optional).
 -l                Layer information. Possible values are: 0 (All layers), 1 (Layer A), 2 (Layer B), 3 (Layer C) (Optional).

 -s channels.cfg   Scan for channels, store them in a file and exit. with -a option.
 -i                Print ISDB-T device information and exit.

To quit press 'Ctrl+C'.

ファイルへの保存は次のようになります。

# adapter1で22チャンネルをtest.tsに保存する
$ isdbt-capture -a 1 -c 22 -o test.ts

標準出力します。

# adapter3で23チャンネルを標準出力する
$ isdbt-capture -a 3 -c 23 -o -

一応、コンパイルとインストールまで。

$ git clone https://github.com/airwhite/isdbt-capture.git
$ cd isdbt-capture/
$ make
$ sudo make install

現在、Mirakurunでも動作確認中ですが問題なく動いています。MirakurunはTS情報を標準出力で渡しさえすれば後はうまくやってくれるので、チューナー側でb25デコードを実装する必要がありません。とっても楽ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です