Raspberry Pi i2c 設定

初期状態ではi2cデバイスが扱えないために設定作業が必要です。
英語のページですが次のページが参考になりました。

i2cを有効にする

/etc/modules に i2c-dev を追加します。

$ sudo vi /etc/modules

/etc/modprobe.d/raspi-blacklist.conf の blacklist i2c-bcm2708 を#でコメントアウトします。

$ sudo vi /etc/modprobe.d/raspi-blacklist.conf

i2c tools をインストールします。i2cdetect, i2cset, i2cget などがインストールされます。

$ sudo apt-get install i2c-tools

ユーザpiがi2cデバイスを扱えるようにi2cグループに追加します。

$ sudo adduser pi i2c

ここで一度、再起動します。

$ sudo reboot

Pythonから扱えるようにする

sudo apt-get install python-smbus

PHPから扱う場合

基本的には i2c tools で入れた i2cset, i2cget をPHPのexec関数やshell_exec関数で操作するようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください