Twilio を使って bash で sms 送信

APIを使って SMS 送信が行えるんですね。ちょっとびっくりです。
ネタ元のソースはこちらです。送信先の電話番号の先頭の「0」を取り除いて代わりに「+81」を追加しています。
Twilio になるかどうかわかりませんが、来年うちの職場にもSMS配信サービスを導入するかもしれません。

#!/bin/bash
#
# Twilio SMS Message
#
# Usage: twilio-sms <PhoneNumber> <Message>
#

if [ $# -ne 2 ]; then
  echo "Usage: twilio-sms <PhoneNumber> <Message>" 1>&2
  exit 1
fi

# Setting Parameters
SID=<ACCOUNT SID>
TOKEN=<AUTH TOKEN>
FROM=From=<SENDER NUMBER>
TO=To=+81${1#0}
BODY=Body=$2
APIURL=https://api.twilio.com/2010-04-01/Accounts/$SID/Messages.json

# Send SMS
/usr/bin/curl -fSs -X POST "$APIURL" \
  --data-urlencode "$FROM" \
  --data-urlencode "$TO" \
  --data-urlencode "$BODY" \
  -u "$SID:$TOKEN" >/dev/null 2>&1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください